Call Us: 1-800-000-0000   /   info@mysite.com   /  500 Terry Francois Street San Francisco, CA  94158

© 2023 by ABC After School Programs. Proudly created with Wix.com

Q1.育成進学ゼミ土山校(中学部門)はどういったコンセプトの学習塾ですか?

 

育成進学ゼミ土山校は兵庫県・第3学区の公立高校を目指すことにトコトン特化した学習塾です。

これには加印地区を中心に30年以上続いてきた中で蓄積されてきた膨大な情報量とノウハウが最大の強みとなっています。

 

指導方式としましては、少人数グループの中で、状況に応じて集団指導と個別指導を使い分ける「ハイブリッド型指導」を導入しています。​​

例えば数学は最大1:2形式の個別指導、社会は1:4形式のグループ指導、テスト前は学年ごとの集団指導など、各科目に最も適した授業が組み合わされています。

このハイブリット型指導により、中学部門はもちろん、小学部門に関しましても、小学生のうちから公立高校入試を意識した指導を行なっています。

Q2.中学部門では、どのような学力層を対象にした授業を行っているのですか?

育成進学ゼミ土山校(中学部門)は一言で説明すると「集団指導塾で行うレベルの授業内容を、個別指導&超少人数の集団指導で行っている」学習塾です。

授業自体は個別指導形式を軸に行なってはいますが、1科目最低40〜50点程度の学力がないとついてこれない範囲(基礎だけではなく標準・応用)までを指導する学習塾であり、一般的なイメージの個別指導塾(いわゆる補習塾)ではなく、あくまで大手集団塾のような進学塾の枠に属するとお考えください。

当塾では、一人で5教科全てを指導出来るプロ講師が全授業を指導・管理しています。

この「5教科全てを指導出来るプロの塾講師」が「個別指導+グループ指導⇔超少人数の集団指導」を切り替えることにより

生徒一人ひとりの現在の実力をしっかりと見極めて、自分だけで解けるか解けないかという問題と常に向き合える学習環境を生み出しています。

また当塾の授業メソッドの中には、最新の「e-learning」学習を取り入れており、週2回の通常授業内での演習密度が非常に高いのも特長です。

すでに400点以上がとれる生徒にとっては、大量の宿題などに左右されず、マイペースに上位校合格を狙える進学塾として。

すでに250点〜350点台で中堅校を狙う生徒にとっては、集団指導では手がとどかない場所に手が届く、質の高い少人数集団塾として。

200点台前半から平均点を目指している生徒にとっては、平均点をとる為に必要な体力作りや勉強法を知れる、ワンランク上の個別指導塾として。

ご興味を持たれた方は、ぜひ一度、当塾の無料体験入塾にお越しください。

Q3.小学部門では、具体的にはどのような形式の授業を行っているのですか?

 

育成進学ゼミ土山校(小学部門)は、一言で言えば「小学生のうちから、中学生になっても困らない準備を丁寧に行う」学習塾です。

育成進学ゼミ土山校の小学部門は、17:00〜18:30/18:00〜19:30(月曜〜金曜)に開講されます。

授業内容は、中学生で必要な知識をしっかりと身につける為の少人数グループ指導(最大1:3まで)を軸にしています。

授業時間の配分は、最初の50分間が算数で、10分間の休憩を挟んだ後、残りの30分間で英語を行なっていきます。

​(英語の授業にはe-learning教材の天神を採用しており、英語の発音やアルファベットに慣れることを目的としています。)

また育成進学ゼミ土山校の小学部門は

中学部門で指導していて感じる「中学生になるまえにこれをしておけば・・・」という部分をカバーする為に作られたものであり

中学部門に進学する前の長めの準備講座として位置づけされている為、月々の授業料は非常にお安くなっているのも特徴です。

百聞は一見にしかず、ぜひ一度当塾の無料体験入塾にお越しください。

Q4.入塾テスト(入塾の為の基準点)や無料体験入塾などはありますか?

 

育成進学ゼミ土山校では基本的には入塾テスト等は行っておりません。

これは、当塾の指導法が「集団進学塾の学習内容を超少人数形式の指導で行なっている」というものである為

①集団指導塾ではできないような密接な指導ができる為、学年トップクラスの生徒が毎年在籍している。

②指導教科数・指導時間​がしっかり確保されている為、他の学習塾では「公立は難しい」と言われていた子供たちが毎年逆転合格している。

​③4年目から正社員講師が2名体制となり、どのような学力層も常に目が行き届くようになった。

という風に、開校から4年を経て、当塾の指導スタイルが公立高校を目指せる範囲(200点台〜400点台)のどのような学力層にとっても​効果的であると判断出来た為です。​

正式入塾までの流れとしましては

当塾ではまず、入塾前の保護者面談時に「直近の定期テストの解答用紙(5教科分)」を必ずご持参して頂き、現状分析をその場で行いまして

当塾で改善出来る内容とその為に必要な時間をしっかりとお伝えさせてもらっています。

そしてそのお話に納得して頂けた方には、無料の体験入塾の日程をご案内させて頂くという流れとなり

教室責任者が「この子は当塾で成績を伸ばせる」と判断した場合は、正式入塾の手続きに進んでいただく流れとなります。

※あくまで教室責任者が直接成績とお子様の状態を見て判断しますが、5教科100点台の場合などは、家庭教師・マンツーマン個別指導塾をオススメします。

Q5.塾からの宿題は多いですか?部活との両立は出来ますか?

 

当塾からの宿題というものは、基本的にはありません。

 

これは当塾の通常授業が【内容を理解する】⇒【自分だけで解けるようになる】⇒【忘れないように復習する】という学習サイクルを、通塾時間中ですでに成立させており、ここに塾の宿題が果たす役割も組み込まれている為です。

 

この自立学習(アクティブラーニング)を確立する為のトレーニングは「家庭で大量の宿題をこなす」ことを前提にした中で行われるのが一般的ですが

当塾の授業メソッドでは、規則正しく通塾して頂ければ、その中だけで自立学習(アクティブラーニング)のトレーニングを行うことが可能ですので

部活や習い事との両立が非常に行いやすくなっています。

ただし宿題が無い分、通常授業内で行われる反復演習はより実践的で、授業内でしっかりと反復演習を重ねていく形となっています。

当塾では「家で自分で思考する機会(試験勉強・受験)に取り掛かるまでの最高の準備を提供する」というのが授業メソッドの中心理念にあります。

 

Q6.なぜ宿題が無い塾なのに、オール5や400点以上をとる生徒が毎年在籍しているのですか?

当塾の特長として「全生徒の全科目の成績状況を教室責任者が全てしっかりと把握・分析している」というものがあります。

一般的な集団進学塾では【団体授業の1回の解説で理解出来る能力のある子供を集める⇒大量の宿題で定着を計る】というサイクルが一般的ですが

当塾の場合は自分のペースでどんどん解説を受けて演習を重ねて行く為、400点以上とっているような子たちは結果的に、大手集団塾の宿題込の演習量を、通塾時間内だけで完了するという状況が自然と生まれます。

クラブ活動や習い事などで忙しい、でも勉強も両立したいというお子様の場合には特におすすめ出来る学習塾となっています。

 

Q7.平均点に届いていない子供でも公立高校に逆転合格できますか?

当塾では毎年のように複数人が、5教科で平均点に届かなかった子供が安定して平均点以上がとれるようになり、公立高校へと合格しています。

 

これは単純に、一般的な学習塾に比べて、授業時間や指導科目が倍/なのに料金は年間で半分以下というのが大きいと思われます。

また他にも、指導者がプロの塾講師でありアルバイト講師ではない(学生講師などが起こしがちな、解説待ちの状態が起こらない)ということに加えて

一般的な学習塾と一番違うのは、当塾が本人の実力合わせて出来るところをやらせるのではなく、自分に合った勉強しかやらない同級生には絶対負けない状態を作るという意識でカリキュラムを組んでいることです。

公立高校にギリギリ合格するかどうかというご家庭の場合、たいてい個別面談時に「この子に合っている塾」というワードが聞かれます。

しかしそのワードを多様するのはそれこそ公立に行けない家庭の文化であり、その意識からいちはやく抜け出すのが公立高校へ逆転合格する近道となります。

単純に「自分に合わせてもらう」意識の同級生に対して、こちらは「合格ラインに自分が合わせる」意識をもって取り組むことによって

当たり前のように受験本番では競り勝つ状態に持っていく、というのが当塾から逆転合格者が毎年生まれているカラクリです。

Q8.急なタイミングでお休みした場合、振替授業は可能ですか?

 

事前にご連絡を頂いており、かつ座席に空きのある場合は可能となっています。

また試験3日前と試験期間中には《フォローデー》という名目で、補習授業を行わせてもらっています

Q9.「教室定員有」となっていますが、定員に達している場合はどうなるのですか?

 

誠に申し訳ありませんが、座席数の都合上、教室定員(中高生全体で60名/小学生全体で10名)に達している場合はご入塾して頂くことが出来ません。

当塾の授業形式上、どうしてもたくさんの生徒を見ることは難しい部分が御座いますので、何卒ご了承いただければと思います。

Q10.育成進学ゼミ土山校で指導可能な中学校名を教えて下さい。

 

【加古川市】平岡中学校・平岡南中学校

【加古郡】稲美中学校・稲美北中学校・播磨中学校​​

※小学生は上記の中学校に進学予定のお子様が対象。

 

となります。

 

通常授業時は学校・学年に関係なく一つの教室内で指導しておりますが

定期テスト直前の特別対策などでは、学校別・学年別に分かれて授業を行います。

Q11.育成進学ゼミ土山校の合格実績はどこで見れますか?

2015年の開校以来、育成進学ゼミ土山校の単独合格実績は以下のようになっております。

【中学部門:公立高校・進学先一覧(2015〜2018年度)】

◎加印地区◎

加古川東高校:2名

加古川西高校:1名

東播磨高校:5名

加古川北高校:4名

加古川南高校:2名

高砂高校:3名

播磨南高校:6名

県立農業高校:4名

◎明石地区◎

明石北高校:2名

明石城西高校:5名

明石高校:1名

明石西高校:10名

明石清水高校:3名

◎その他◎

県立工業高校:1名

【高校部門:進学先一覧(2016〜2018年度)】

関西学院大学(国際):1名

武庫川女子大学(看護):1名

兵庫県立大学(看護):1名

神戸常磐大学(看護):1名

関西国際大学(看護):1名

兵庫大学(看護):1名

神戸親和女子大学(教育):1名